KOSO Studio Live Vol.1 「桜」@ Cry Baby Studio

KOSO初ライブ!トップミュージシャンの演奏と共に、
1st Single 「おとこ酒」、2nd Single 「両手一杯の桜」を含む アルバム「おとこ酒」からの全曲を披露します。

デュエットソング「Feel So Sweet 」ではゲストボーカル Ery ( From BURLESQUE TOKYO)を迎え入れてのパフォーマンス。

[ミュージシャン]

Drums : 山木秀夫 / Bass : 松原秀樹 / Guitar : 今剛、susumu-k / Keyboards : 小島良喜 / Sax : 竹上良成
Guest Vocal : Ery ( From BURLESQUE TOKYO)

 

[曲目]

1:Tokyo Baby Blues

2:シャンパンで乾杯

3:成り行きすべてでいいんじゃない

4:おとこ酒

5:Feel So Sweet 〜 Guest Vocal Ery ( From BURLESQUE TOKYO)〜

6:両手一杯の桜


 

[KOSO プロフィール]

本名:岡崎公聡 1960 年生れ 北海道出身。
2008 年、「夏の日の 1993」で知られる class の故 津久井克之氏の音楽性に共感し、同 メンバーに加入。
同年 12 月には class として、「夏の日の 1993」のアンサーソングとして制作された「冬 の日の 2009」がヒットを果たす。
フジテレビのミュージックフェアなど数々の音楽番組に出演。
翌 2009 年には、16 年前にリリースし大ヒットを記録した「夏の日の 1993」から 16 年 と 1 日にちなみ、オリジナルアルバム「十六年と一日」を 4 月 22 日にリリース。
しかし同年、津久井氏が急逝した事により class は永久活動停止となる。

2010 年、同郷の学校の先輩でもあるギタープレイヤーの今剛らと共にロックバンド 「Battle Cry」を結成しヴォーカルを担当。
Battle Cry Sound スタジオにて数々の作品を 作り上げる。
自身でも作詞作曲を担当し、ライブハウスなどを中心に精力的に活動するも、 CD のリリースはなく DVD のみの公開だった。

 

2013 年には class の大ヒット曲「夏の日の 1993」ヒットから 20 周年を記念して 1993 年のヒット曲にスポットを当て、「夏の日の 1993」を始めとする名曲をカヴァーしたアル バム「1933」を「ko with Battle Cry」としてリリース。

 

2020 年、自身の還暦を機にソロ再デビュー。「KOSO」として活動を再開する。

 

Official web site

https://www.bc-sl.jp/artists-koso

Instagram

https://www.instagram.com/koso.okazaki/

推奨環境について

スマートフォン、タブレット:iOS 11.0以降(Safari最新バージョン)iPad OS13 (Safari最新バージョン)/Android OS 8.0以降(Google Chrome最新バージョン)
パソコン:Windows 10以上(最新バージョンのGoogle Chrome)/ MacOS 10.9以上(最新バージョンのGoogle Chrome、Safari)

注意事項

・チケット購入後に、チケットのキャンセルを行うことはできません。誤って購入したチケットの交換・払い戻しは一切致しません。
・チケットは第三者に譲渡できません。
・インターネット回線の突発的なトラブルによる配信の一時中断の可能性があることをご了承ください。視聴前に必ず動画視聴に適した通信環境をご準備ください。お客様起因による視聴トラブルに関して当社は責任を負いません。
・本配信の写真撮影・スクリーンショット・録画・録音等は一切禁止いたします。本配信の内容を動画サイトなどで無断転載・共有した場合、法的責任が問われる場合があります。
・ライブストリーミングには視聴台数制限があります。1枚のチケットにつき、1端末での視聴が可能です。
・利用規約をよく読み、遵守してください。